ワインのテイスティング

ワインのテイスティング

ワインのテイスティング

世風のレストランでかなりかしこまったレストランでは、いくつかハードルがあって、それを越えていかなければいけません。初心者殺しとも言えるようなものなのですが、まず一つ目は、ワインを選ぶ、ということです。一緒に来た人の好みや、その日の食事の内容などを良く考えてワインを選ばなければいけないのですが、こういう時はソムリエに相談してみると良いようです。まずは、ソムリエにおススメのワインをいくつか挙げてもらい、そこから好きなものを決めるのが良いようですやはり初心者にはメニューだけ見て、名前と能書きだけでワインを選ぶのは難しいことですね。

 

ワインが運ばれて来たら、ワインの場合は、フルボトルでのオーダーになるので、ラベルをみて、銘柄が合っているか確認します。それからワインの色を見て、正常な状態かチェックします。

 

そもそも、ワインのテイスティングは味見ではなく、ワインの質に間違いがないかを確認するものなので、このワインは好きではないから変えてほしいというのはできません。そして、ワインをグラスに注ぎ、空気に触れさせてから香りをチェックし、口に含んで味を見ます。これがワインのテイスティングの方法だそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ