ワィングラスの持ち方は

ワィングラスの持ち方は

ワィングラスの持ち方は

ワイングラスには、正しい持ち方や扱い方があり、そうしたことをよく覚えておいた方がいいようです。

 

普段、食事をする時にいきなりワイングラスを持つと、実に持ちなれないものです。実際にワイングラスをもったことがある人ならわかりますが、特に赤ワインで使うグラスの膨らんだものは、すぐに壊れてしまいそうで、持つのが怖いという人もいるかもしれません。しかし、どこをどう持つか、というのはより美味しくワインを飲む為には欠かせません。

 

ワインは他のお酒に比べて、温度変化に敏感で、手に持った時に体温がワインにできるだけ伝わらないように細い足のところをつまむようにします。決して、ブランデーを飲む時のように上の部分を手で包み込んだりしてはいけません。また、ワインを注いでもらう注時にも、注ぎやすいようにグラスを傾けたり、グラスを持ったりすることはいけません。ビールとは違うので、そういう時には、ソムリエに任せるようにした方がいいようです。

 

ただ、家でも本格的なワイングラスでワインを飲むのもいいですが、洗うのが面倒だとのことです。

ワインだけは好きです

私は基本的に、アルコールが苦手です。しかし、人付き合いの場などでは、お酒を飲まなければならないこともよくあるため、ビール・焼酎・カクテル・日本酒など、様々なお酒を試してみました。

 

結果、どれもこれも飲めないことはないのですが、決して好きになれず、やはりコーラやカルピスなど、ソフトドリンクを飲んだ方がよっぽど楽しいし、幸せだと思いました。

 

しかし、そんなアルコール嫌いの私にも、ひとつだけ例外があり、「これはおいしい!」と思ったものがありました。それが、ワインです。私はお酒を飲んだときの、口に残る苦味のようなものがどうにも苦手なのですが、どうしたわけか、ワインだけはそれが気にならず、それどころかとても贅沢な気分になれるのです。特に好きなワインの色は赤で、少し甘めなものが最高です。なんとも言えないまろやかな口当たりや、見た目にもきれいな色が、満足感を与えてくれます。

 

ただ実際、私の周りの飲み会などに参加するときは、ビールを飲む人がほとんどなので、ワインは控えています。ではいつ飲むかというと、ふと気が向いたときに、家で飲むのですが、これがまた私だけの隠れた楽しみのような気がして、ちょっとした贅沢になっています。"

 


ホーム RSS購読 サイトマップ